今更聞けない。信用取引って何?

自分を信用してもらってする株取引のこと

信用取引というのは、その名の通りに自分を信用してもらって行う株取引のことです。通常、株取引は自分で現金を拠出して、その範囲内でしか行うことができません。いわゆる現物株取引と呼ばれるものですが、現物株取引の場合には自己資金以上の株式を購入することはできないのです。
ですが、信用取引なら、証券会社に自分を信用してもらうことで、自己資金以上の株取引を行うことができます。自己資金の三倍までの取引ができるのが信用取引のメリットです。株式は一般的に動かせる資金が多ければ多いほど勝ちやすくなると言われています。三倍の資金を使えれば、手数料負けをしにくいのでデイトレードもやりやすいです。もちろん負けたときには被害が大きくなりますが、負けたときにもきちんとお金を返してくれると信用して証券会社が資金を立て替えてくれるわけです。

信用取引のその他のメリット

自己資金の三倍までの取引ができるのが信用取引のメリットですが、実は他にも数多くの魅力があるわけです。まず、信用取引ならFXのように売りからも入ることができるようになります。現物株は売りから入ることができないので、下げトレンドのときには利益を出しにくいです。信用取引なら、世界経済が冷え込んで多くの人が損をする中でも利益を出していけるのが素晴らしいです。
他にもメリットはたくさんあります。証券会社によりますが、信用取引なら手数料が完全に無料になるケースもあります。デイトレードでは毎日かなりの手数料が発生します。信用取引でデイトレードをすれば、手数料のことを気にせずに何度でも取引を繰り返せるので便利です。

株の信用取引というのは、自分を信用してもらうことで、持っている資金の範囲を超え、更に多く株式の投資ができることを言います。