これで安心!信用取引のすべて!!

恐いと言われる信用取引で利益を出すためには…

証券会社などから資金や株を借りて行うのが信用取引です。空売りなどがその魅力として有名ですが、理論上株価は無制限に上昇するため、空売りによる損失も無制限になってしまい、一方では大変危険な取引手法だと認識されています。
しかし、仕組みやリスクをしっかり把握した上で適正な運用を心がければ、信用取引は決して恐くはありません。まずは金利が生じることを理解した上で、原始となる委託証拠金の額を把握し、連日ストップ高やストップ安が続いても追証が発生しないような余裕をもった資金管理を心がけておきましょう。信用取引における注意点の全てはここにあると言っても良いでしょう。あとは、利益の全てを信用取引から得るような無謀な運用をせず、あくまで現物取引の補足的な取引に終始しておけば、初心者でも安全着実に活用することができます。

実際にどのような運用を心がければ良いの?

信用取引で損失が拡大する取引とは、上述のような「信用取引で一山当ててやろう!」というギャンブル的な運用を行った場合が大半です。こうした運用を行わないことが、安心して信用取引を行う第一歩にして全ての基本だと言えるでしょう。
実際、信用取引で着実な利益を得るためには、システムトレードのような厳格な管理・運用を行わなければなりません。初心者では大変難しくハードルが高いと言えますが、例えば長く保有し続けたい株を利益確定する際に空売りしたり、株主優待を株価の上下関係なくタダ取りするために信用取引を活用するのであれば、大変安全で初心者向きだと言えます。こうした取引から始めて信用取引に慣れておけば、後々信用取引で大きな利益を出すことも可能になってくるかもしれません。