信用取引の利益とリスク

信用取引を利用する事で得られる利益とは

信用取引を行った事のある方はいらっしゃいますか?信用取引という言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。自身の保有している資金や株を担保にして、投資する事を信用取引と呼びます。ちなみに投資の際の資金は証券会社から借りる事になります。信用取引を行う事で得られる利益は多いんですよ。
まず最初は自身が持っている資金以上の取引が出来る事です。例えば、自身の所有資金が10万円であれば、取引出来る金額は最高でも10万円ですよね?しかし、信用取引を利用すると、最大3倍までの取引が可能となります。つまり、所有資金が10万円であれば、3倍の30万円までの取引が出来るようになるという事です。取引が上手くいけば、得られる利益も3倍になります。

破産の危険性もある?

次は株価が下落している時でも利益を出せる事です。通常の株取引では、自身が購入した株が下落してしまうと損をしてしまう仕組みとなっていますよね。しかし、信用取引では株価が下落すると、儲かる仕組みとなっているんです。しかし、信用取引はいいところばかりではありません。リスクも存在しています。
信用取引にはリスクがありますので、解説していきます。それは破産の危険性です。先ほどは信用取引は自身の所有している金額を最大3倍まで増やす事が出来ると説明しました。取引が上手くいけば、得られる利益は3倍となりますが、失敗した場合はどうでしょうか?取引が失敗してしまった場合、損失も3倍となります。取引額が少ない場合は対処できるかもしれませんが、取引額が大きすぎると、自身だけでは対処不能となってしまいます。

信用取引の金利とは証券会社から現金や株券を借り取引をする際に発生する利息のことを言い、各証券会社により異なります。